歌詞考察:歌を読む

素晴らしい歌のよさをもっと知るために 一緒に歌詞を"読み"ませんか? どこよりも深い考察を楽しむブログです。

歌詞からストーリーを"読み解く"楽しみ方をご紹介しています。

辛いときに聴く、寄り添ってくれるボカロ曲がこちら水野あつさんの『無理に笑わなくて良いよ』です。

この歌からは体温がするような気がします。

辛いとき、寂しいとき、それでも頑張らなきゃと追いつめられているとき、ぜひ『無理に笑わなくて良いよ』を聴いてみてください。

心が澄んでいくような透明感もあります。
これが浄化‥

この記事では、そんな水野あつさんの優しくて温かい歌を、歌詞考察を通して世界観を深めていきますよ。

let's 深読み!!


✍️目次
・歌リンク
・歌詞
・考察
 ・歌のストーリー
 ・歌のメッセージ
 ・深める僕と君について
 ・水野あつさんらしさ


💜歌リンク

💜歌詞

無理に笑わなくて良いよ
無理に頑張らなくても良いよ
無理に我慢しなくても良いよ
きっと今まで辛かったよね


君が君が生きているだけ
ただそれだけで大丈夫だよ
僕は僕はどんな時でも
君の隣で歩いてるから


誰かのことを愛せるかな
答えは出ない弱虫なんだ
静かに夜が更けていく
今日はおやすみ
さよならまたね


笑われたとしても良いよ
真っ直ぐになれるのは凄いから
責任感がある君は
誰よりも考えているんだね


誰に何を言われても良い
君がしたいことをすれば良いよ
未来のことは分からないけど
今を大切に生きている


そんな君のこと知ってるよ


誰かのことを愛せるかな
答えは出ない弱虫なんだ
静かに夜が更けていく
今日はおやすみ
さよならまたね



Source: https://www.lyrical-nonsense.com/lyrics/atsu-mizuno/muri-ni-warawanakute-ii-yo/

💜考察

💛歌のストーリー

この『無理に笑わなくて良いよ』は、明確なストーリーがある歌ではなく、バックストーリーがあって、その歌の世界観の中で発せられているメッセージがこの歌になっていると思います。
※ストーリー性はあるのですが物語中で明確に変化があったり所謂起承転結があるようなものではない、ということです。

歌の世界観をまずは紐解いてみましょう。

主人公は僕、そして君がいます。

君が君が生きているだけ
ただそれだけで大丈夫だよ
僕は僕はどんな時でも
君の隣で歩いてるから

僕と君は親密な関係、あるいはニコイチのような関係性であると伺えます。

   君が君が生きているだけ
   ただそれだけで大丈夫だよ

この歌詞すごく好きです。

僕は君を心配し、そして支えるような存在とわかるのですが、君が生きているだけで、というのは君のすべてを全肯定するとても強い励ましです。

逆にいえば、君はとても悩んでいる状況、苦しんでいる状況にあると考えられます。

それはなんでしょうか?

笑われたとしても良いよ
真っ直ぐになれるのは凄いから
責任感がある君は
誰よりも考えているんだね

君は責任感がある自分であると描かれています。
そして、真っ直ぐな人物のようですね。

誰よりも考えているのは、何を考えているのでしょうか?

誰に何を言われても良い
君がしたいことをすれば良いよ
未来のことは分からないけど
今を大切に生きている

明確には描かれていません。
ただ、個人的には君は未来のこと、夢、そして自分の生き方を考えているのではないでしょうか。


そんな君のこと知ってるよ

僕はそんな君のことを知ってる
知ってくれている、と言ってもいいかもしれません。

きっと、君は

無理に笑って
無理に頑張って
無理に我慢してきた

それは生きづらかったのではないでしょうか。

この歌はそんな君に僕が寄り添うストーリーです。

誰かのことを愛せるかな
答えは出ない弱虫なんだ
静かに夜が更けていく
今日はおやすみ
さよならまたね

そして今日はおやすみ、そしてさよならまたね

このラストによって、この歌に明日へと続いていく、未来へと続いていくストーリー性が生まれています。

「静かに夜が更けていく」

もとても好きなのですが、この歌ってとても静かだけど温かくて優しい歌だと感じています。

冷たい孤独に温かい誰かが寄り添ってくれるようなそんなイメージです。



💛歌のメッセージ

この歌のメッセージは、大きく3つあると思います。

①僕は君の味方だよ

②君は自分の生き方をしていいんだよ

③不安でも未来はやってくるよ



①は僕は君の隣を歩いているよというところから。

②は僕は君のすべてを肯定しているところから。

③は「今日はおやすみさよならまたね」から。


この歌のメッセージは割とストレートに受け取ってよいと思っています。

言ってしまえば、もう冒頭のフレーズですべてでもよいのです。

無理に笑わなくて良いよ
無理に頑張らなくても良いよ
無理に我慢しなくても良いよ
きっと今まで辛かったよね

これだけで泣けません??


無理に笑うことや、頑張ること、我慢することって、誰しもがあると思います。

そこに、すっと入ってくるこの歌。。

沁みる、、、、、。

無理しなくていい、と言ってくれている歌を、どうして無理にこねくり回して解釈する必要があろうか?
(おいおい)

(いいんです!考察という形での神曲紹介なので!笑)


ぜひ皆様も、身構えず、自然体でこの歌を聴いていただければと思います。


💛深める僕と君について

さて、とは言え、考察で深めていきたい、はるおさん。

一点だけ!!

この『無理に笑わなくて良いよ』に一点だけ!!

難しくね?と思うところがあるのです。


それが、僕と君は誰?ってこと


皆様はこの歌を聴いたときにはどんなイメージを僕と君に持ちましたか?

例えば、私は、君に片想いする主人公僕を思い描きました。

、と、2人の人物を思い描いたのです。

ところが、そういった読み方だと、ちょっと解釈が合わないところが歌詞中にあります。

それがこちら。

歌詞には↓こちらのフレーズが2回登場します。

誰かのことを愛せるかな
答えは出ない弱虫なんだ
静かに夜が更けていく
今日はおやすみ
さよならまたね

このフレーズがキーポイントになっている理由ですが、

この歌を歌っている主体は”僕”(僕目線から君へ歌われている)であることは間違いありません。


そのため、この歌詞にある
誰かのことを愛せるかな

このフレーズは僕が言っているものと考えられます。

とすると、

あれ?僕は君を愛していないの?

と思いませんか?

(そんなはずないですよね‥)

逆に、この「誰かのことを愛せるかな」は君への問いかけだと考えましょう。

すると

答えは出ない弱虫なんだ

僕が君は弱虫というのはなんだか違和感があります。


すると、やはり僕のことを言っているように思えます。


これらから、私としては僕と君について2つの妄想をしました。




①僕は君のことを思っているけれど、陰から見守るようなポジションにいる。まだそれが恋愛なのかはわかっていない友情以上恋愛未満な気持ちでいる


②僕と君は同一人物で、強がっている自分(君)と弱いところも知っていて支えている自分(僕)
→どちらも自分だからこそずっと隣にいて、そして不安や弱さも共有している



あなたはどんな君と僕を思い浮かべましたか?





💛水野あつさんらしさ

この『無理に笑わなくて良いよ』ですが、個人的に水野あつさんらしいなぁと思ってしまいました。 

『生きる』の考察もしましたが


こちらも君と僕の物語でした。

また、バックストーリーがしっかりしていて、かつメッセージ性が強いところ

ここもらしさなのかな、と思いました。


そしてなにより、とても優しい歌だということです。

それでいて励まされる歌

心に沁みる歌です。


まだまだ、水野あつさんのファンとは言えないはるおですので、ぜひコメントで教えていただけると幸いです。






🐦️Twitterで気軽に絡んでください✨
更新情報や紹介をつぶやいております。
フォローよろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキングに参加しています!
ぜひぽちっと応援いただけると嬉しい限りです💖
何卒お願いいたします🙇‍♀️!!↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

等身大だからこそ『生きる』は心に染みて涙がこぼれます。

この歌のテーマは”生きる”
しかし、大きな事件や病気やドラマストーリーがあるわけではありません。

言ってしまえば、そこにあるのは”日常”

でも、だからこそ泣けるのです。

私だけではなくこの歌で泣いたという人も多いと思います。

歌としては短い時間ですが、心に刺さる感動

実は歌詞の世界観がものすごく深いんです。

私なりに世界観を広げて考察を進めてみました。

なぜこの歌が深くて泣けるのか

ぜひ『生きる』に浸っていければ嬉しいです。

Let's 深読み


✍️目次
・歌リンク
・歌詞
・考察
 ・主人公は引き籠もりで臆病で優しい
 ・主人公の苦しみ
 ・生きる理由
 ・自己評価は低いけど君への愛で溢れてる
 ・君は誰だろう
 ・いつかは君もいなくなる




💙歌リンク




💙歌詞

ちょっとばかり
生きてみようかな
でも明日が怖くて引き篭もる
こんな僕でごめんね
パパとママにありがとう

学校に行くのはもうやめた
会話をするのが怖くなる
こんな毎日が続くの
明日もきっと独りきり

でもねまだねもっと生きたい
君が大好きだから
過去も今も未来のことも
全部全部愛しているよ

愛されなくても良いよ
期待されないくらいが楽だから
周りと比べると
自分が弱く見えるけど

大丈夫、僕なら大丈夫
そう願っていたのは
いつの日だっけな?

でもねまだねもっと生きたい
君が大好きだから
過去も今も未来のことも
全部全部愛しているよ

夜の星もいつかは消える
僕は上手く生きれるのかな?
今日も月が辺りを照らす
これが僕の生きた証だ

明日には生きているのかな
明日から


💙考察

❤️主人公は引き籠もりで臆病で優しい

まずは『生きる』の歌の世界を知るために、この歌を歌っている主人公はどんな人か?を考えていきましょう。

冒頭の歌詞からです。

ちょっとばかり
生きてみようかな
でも明日が怖くて引き篭もる
こんな僕でごめんね
パパとママにありがとう

たったこれだけのフレーズからいくつもの情報が読み取れます。

「ちょっとばかり生きてみようかな」
→生きることが当たり前ではない。生きづらさの中にいる。

「でも明日が怖くて」
→明日が怖い

「引き籠もる」
→引き籠もりの状況。おそらくずっと引き籠もりの状況が続いている。

「こんな僕でごめんね」
→自己肯定感が低い。今の自分の状況に不満を抱いている。

「パパとママにありがとう」
→親への感謝を持っている。(反抗期ではないこと、親孝行の気持ちが強いことがわかる)


続けて歌詞を見ていきましょう。

学校に行くのはもうやめた
会話をするのが怖くなる
こんな毎日が続くの
明日もきっと独りきり
「学校に行くのはもうやめた」
→主人公は学生であることがわかります。(年齢までは不明)

「会話をするのが怖くなる」
→会話が元になって何かのトラブルがあったのか?
→言葉で自己を表現することが苦手


さて、ここまでで主人公像を描いてみます。


主人公は学生
しかし、学校で何かがあったのか?
不登校となり、今は引き籠もりになっています。

しかし本来の主人公は、親孝行でとても優しい人格の持ち主です。

でもその優しさゆえなのでしょうか。

自己主張が苦手で、自己肯定感が低い

優しいけれど、どこか臆病な性格の主人公でした。



❤️主人公の苦しみ

実は、この考察をしている私、はるおもまた、一時不登校だったことがあります。

それゆえに、この主人公の気持ちがわかるので少し主人公の苦しみを解説できたらなと思います。


主人公の苦しみの多くは、明日が怖いに由来しています。


明日が怖いのは、学校がやってくるからです。

学校がやってくるのが怖いのは、本来は学校に行かなければいけないのに行けない、
自分が間違っていると突きつけられるからです。


誰かがそう言うわけではありません。


自分が自分に今の自分は間違っていると考えてしまうのです。


明日がやってきたら、
学校に本当はいかなきゃいけない時間がやってきて
外では声がしはじめて

自分は間違っている
こんなことではダメだ
生きてていいんだろうか
生きてる価値などないんじゃないだろうか


そんなことを考えてしまうのです


『生きる』ではこんなに冗長に語られてはいません。
しかし、

言葉少なくとも伝わってくる

これがこの『生きる』のすごいところです


20210923_035255_1

❤️生きる理由

さて、そんな辛い状況にある主人公ですが、この『生きる』は決して暗くて辛いだけの歌ではありません。

むしろ、生きたいと歌った、前向きな歌なのです。

でもねまだねもっと生きたい
君が大好きだから
過去も今も未来のことも
全部全部愛しているよ

でもねまだねもっと生きたい

この歌詞すごく好きです。

でも、まだ、もっと


まるでこの3つでクレッシェンドをかけているみたいじゃないですか?

でも生きたい

まだ生きたい

もっと生きたい

この歌詞すごく好き。


さらに続く言葉もすごいんですよ。

君が大好きだから

「生きたい」に対して、ついつい聞いているほうがしてしまう「なんで?」という疑問に、先に答えるかのようなフレーズがたたみかけられています。


君が大好きだから、生きたい


生きる理由として素敵すぎ


さて、さらに深めていきましょう。

なぜ「君が大好きだから」が生きる理由になるのでしょうか。

20220312_160020_0000

❤️自己評価は低いけど君への愛で溢れてる

主人公である僕は、自己評価が低いことは先に述べた通りです。

歌詞の2番では、君と出会うまでの僕の過去編が語られています。

愛されなくても良いよ
期待されないくらいが楽だから
周りと比べると
自分が弱く見えるけど

大丈夫、僕なら大丈夫
そう願っていたのは
いつの日だっけな?

「大丈夫」と僕が願っていた、というのは

過去に主人公僕が周りと比べると「自分が弱く見え」ていたからこそ

そして誰にも愛されていない、と孤独を感じていたからこそ

そんな状況で「大丈夫」と自分に言い聞かせていたということです。


しかし、「いつの日だっけな?」とあるのは「大丈夫」と言っていた日々が遠い過去になったからです。


では今はどうなのでしょう??

今は本当の意味で大丈夫になったのではないでしょうか。

なぜ大丈夫になったのか。

それは君への愛で溢れているからです。


君が大好きだから
過去も今も未来のことも
全部全部愛しているよ

サビに繋げて考えて、過去も今も未来のこともすべてを愛で上書きされているといってもいいでしょう。


君への愛はまさに生きたくなかった日々を一変させたのです。


だから「君が大好きだから」が生きる理由になっているのですね。


❤️君は誰だろう

『生きる』で歌われているとは誰なのでしょうか。

君はとても大切で大きな存在です。

なぜなら主人公の生きる理由ですから。

皆さんはにどんな人を思い浮かべましたか?


恋人?片想いの人?

『生きる』では具体的には語られていません。

だから明確に君が誰かを知ることはできないのです。


私が思うに、この君が誰か?は聴いた人に委ねられていると思うのです。

主人公僕にとっての君は、歌の世界にしか存在しません。

では、聴いている私たちが誰を思い浮かべるのか?

それは聴いている私たちにとって大好きな人、そして愛している人、大切な人を思い浮かべているはずです。


これは、恋人や片想いに限られているわけではありません。


例えば、家族、両親、子ども、友だち

加えて、憧れの人、アイドルなどの推しかもしれません。

もっと言えば、君は人ではないかも。

あなたにとって君で思い浮かべる人は誰ですか??

『生きる』を聴きながら思い浮かべてみてください。

22438558

❤️いつかは君もいなくなる

君への愛に支えられて生きていると言っても過言ではない主人公ですが、『生きる』の歌詞の最期には、
君との別れが示唆されているのでは?というシーンが描かれています。


夜の星もいつかは消える
僕は上手く生きれるのかな?
今日も月が辺りを照らす
これが僕の生きた証だ

このフレーズにあります「夜の星」こそ君を指していると考えられます。

夜とは、暗い僕の状況を示唆していると考えられますので、そんな暗い夜の中でも明るく輝く星こそ、僕が愛している君です。

よく、方向性を示す星といえば、北極星が描かれます。

旅人が道を迷わないように道標とした星。

そんなイメージがこの「夜の星」からも感じられます。

なので、苦しく辛い夜にあって、主人公僕の生きる希望・生きる道標となっていた「夜の星」は君を象徴していると考えられるのです。


そしてまた、も君を象徴しています。

「月が綺麗ですね」は「I love you」を夏目漱石が訳した言葉である、とは大変有名な話ですが、そもそもこの背景にあるものとして、月=愛しい人を指しています。

これがなぜか?まで書いていくと、大学の講義並みにおわらなくなってしまうので、

とにかく月=愛する人と思ってください。

そして月にはもうひとつ意味があって憧れの意味もあります。


そしてこの『生きる』の歌詞がとても素晴らしいところが、決して月そのものが僕の生きた証なのではなく

「今日も月が辺りを照らす これが僕の生きた証だ」

と、月の光=僕の生きた証、もっといえば月が照らしている場所=僕の生きた証

としているところです。


愛している人、憧れの人、そんな人の周辺で輝いているもの、それこそが僕の生きた証なのです。


23008541_s



この表現は本当に深いですね。


なぜならば、いつか夜があけて朝がやってくれば、夜の星も、月も、消えてしまうからです。


夜があれば朝があるものなので、これは君がいつかはいなくなることを示唆していると考えられます。


夜が朝になる、時間の経過

君がいなくなるのはなぜか?は決してあかされていません。

たしかに、君がいなくなることは悲しく寂しいことかもしれないのですが、マイナスだけで描かれているわけではありません

それが

夜があける=朝がくる

僕の苦しい生活があけて明るい未来がやってくることも示唆していると考えられるからです。


そしてそれは、決して生きた証がなくなるわけではないから。

月が照らした場所はたくさんありますから、君を愛していた主人公僕の生きた証はなくならないのです。








🐦️Twitterで気軽に絡んでください✨
更新情報や紹介をつぶやいております。
フォローよろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキングに参加しています!
ぜひぽちっと応援いただけると嬉しい限りです💖
何卒お願いいたします🙇‍♀️!!↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

『パラサイト』の深い歌詞意味を考察します!ヒントは”気付いて”


『パラサイト』というタイトルもサムネイルを見たときにきっと思ったことでしょう?

あ、これきっとヤンデレの歌?と


んーーー、正解!!


ただし、ただヤンデレが描かれているわけではありません。

切なくて辛い、乙女心が詰まっているのです。

気付いて?


それでは考察していきましょう!let's 深読み!


✍️目次
・歌リンク
・歌詞
・考察
 ・歌の世界観を読み解こう
 ・矛盾する心と頭で病んでいく
 ・内なる自分の呼びかけ
 ・ヤンデレの先にある光と闇
 ・パラサイトの意味



💙歌リンク


💙歌詞

ねえあたしのことが好きなら 気付いて 夢を見せてよ
どうしてわかってくれないの? 嫌いだ 二度と触れないで


ちょっと待って どこからおかしくなったの
ダメなとこも好きになれて よかったのに
ぱーっと飲んで 誰かに埋めてもらえたら
あなたのこと忘れられると 思っていた


“トモダチ”ってさ 都合よくない?
けど繋がってるなら悪くはないね 騙し騙し生きて病んじゃって
優しくされると余計にツライ けど冷たくされるの望んでないよ
あたしだけでいいよって 信じちゃって


ばかだ


ねえあたしのことが好きなら 気付いて 夢を見せてよ
どうしてわかってくれないの? 嫌いだ 二度と触れないで
ダサい感情は1…2の…散で流れ星 あの子とのコト呪ってあげるわ
ねえ愛した時間を返してよ 嘘つき でもまだ好きだよ


「吸って吐いて そう、ちゃんと生きて」
鼓膜舐める愛のCoda 溶かし尽くす煙るソーダ
ねえ置いていかないで ねえお腹空いた
見て見ぬ振り唾を吐いて 燃えないごみにするんだ?


なんでなんでなんでなんでなんでなんで


ねえあたしのことが好きなら 気付いて 夢を見せてよ
どうしてわかってくれないの? 嫌いだ 大嫌いだ


もうあなたは振り向かないの 気付いてる くせにあたしは
「どうして」ばっか 変われないの したいよ 離れたくないよ
ダサい感情は1…2の…散で流れ星 あの子とのコト祝ってあげるわ
ねえ最期にぎゅっとさせてほしい ありがとう これであなたも

Source: https://www.lyrical-nonsense.com/lyrics/deco27/parasite/



💙考察

💧歌の世界観を読み解こう

まずこの『パラサイト』が恋愛の歌であるということは、一度聴いた方あるいは歌詞を見てみた方ならわかると思います。

では、恋愛は恋愛でも、どのような恋愛なのか、主人公とあなたの関係はなにか、読み解いてみましょう。

さっそく、冒頭の次のメロディーから
ちょっと待って どこからおかしくなったの
ダメなとこも好きになれて よかったのに
ぱーっと飲んで 誰かに埋めてもらえたら
あなたのこと忘れられると 思っていた

「あなたのこと忘れられると思っていた」
という歌詞から察するに、主人公であるあたしとあなたは付き合っていたけれど別れてあたしにとっては忘れたいけど忘れられないほど想っていると考えられます。

“トモダチ”ってさ 都合よくない?
けど繋がってるなら悪くはないね 騙し騙し生きて病んじゃって
優しくされると余計にツライ けど冷たくされるの望んでないよ
わざわざに”トモダチ”という言葉が強調されていることから考えると、きっと

別れるけどトモダチとして仲良くしよう

とか言われたに違いありません。

あたしとって、実はそれは望んでいることではありません。

それでも繋がっていたいから、その関係”トモダチ”を維持しています。

そんな騙し騙しであたしは病んでいます


病んでる理由はそれだけではないかもしれません。

ダサい感情は1…2の…散で流れ星 あの子とのコト呪ってあげるわ

「あの子とのコト呪ってあげるわ」ということで、どうやら元彼である”あなた”にはもう新しい彼女がいるようです。

完全に嫉妬

となると、先ほどは別れてから少し時間が経った頃と言いましたが、”あたし”と”あなた”が別れてから結構時間が経っている可能性もあることが浮かび上がってきました。



さて、ここまでのあたしとあなたの状況、歌の世界観を踏まえて、さらに考察していきましょう。




💧矛盾する心と頭で病んでいく

『パラサイト』の主人公あたしは恋によって病んでいますし、歌の中でもどんどん病んでいきます。

なぜ病むのか?というと、それは、

好きだからもう一度付き合いたいという欲望

付き合うことは到底できないという現実

この二項対立にすり減らされているからです。

ねえあたしのことが好きなら 気付いて 夢を見せてよ
どうしてわかってくれないの? 嫌いだ 二度と触れないで

好き
という心(気持ち)と

嫌い
という頭(現実)と

あたしは心と頭がぶつかり合って苦しんでいます。


「ねえあたしのことが好きなら 気付いて 夢を見せてよ」

このフレーズは歌詞中に三回もでてきます。

とは
おそらくもう一度つき合えることを指していると思われますが

実はすでに夢といってしまっている時点で、あたし自身が、もう一度付き合えることはあり得ないと気づいていることがわかります。



💧内なる自分の呼びかけ

さて、先ほど考察した通り、あたしは心と頭の矛盾に悩まされています。

歌が進むにつれ、実は「もうあなたは振り向かないの 気付いてる くせにあたしは」

客観的に自分を捉えていることが明らかになっています。

もうあなたは振り向かないの 気付いてる くせにあたしは
「どうして」ばっか 変われないの したいよ 離れたくないよ
ここで私も気付いたのですが、

「気付いてる」というフレーズ
「気付いて」というフレーズ

これは実は内なる自分からの呼びかけ?になっているのではないかと。

よく考えてみるとサビの部分、1フレーズが3分割されていますが、
1と3だけで十分意味が通りますし、2はまるで合いの手のようです。


具体的に見てみましょう↓


ねえあたしのことが好きなら 気付いて 夢を見せてよ
どうしてわかってくれないの? 嫌いだ 二度と触れないで

ねえ愛した時間を返してよ 嘘つき でもまだ好きだよ

ねえあたしのことが好きなら 気付いて 夢を見せてよ
どうしてわかってくれないの? 嫌いだ 大嫌いだ

特にこの3分割されたフレーズに注目してみてください。

歌が進むにつれて、好きと嫌いの間でぶれていたあたしが、次第に嫌いに偏っていきます。


これは、心(気持ち)と頭(現実)とがぶつかり合い続けていった結果、次第に頭(現実)に寄っているからでしょう。


💧ヤンデレの先にある光と闇

ここまで読んでくださっている皆様もきっと、ここまでの考察で、かなり深くまで『パラサイト』の世界に浸かっているのではないでしょうか。

だとしたら、すごーく気になるのは、結局あたしはどうなっちゃうの?というところではないでしょうか。

実は、はっきりとしていることは、歌には描かれてはいない、ということです。


ラストの部分を中心に歌詞考察していきましょう。

もうあなたは振り向かないの 気付いてる くせにあたしは
「どうして」ばっか 変われないの したいよ 離れたくないよ

あたしは「あなたはもう振り向かない」ことに気付いています。
そして、わかっているにも関わらず

「どうして」ばかり

ここは3分割ではなく4分割になっていますが、
先ほどの内なる自分が現れているシーンではないかと思っています。


「どうして」ばっか 変われないの したいよ 離れたくないよ

「したいよ」だけちょっと意味がわかりにくいですよね。

何をしたいのか?

「離れたくないよ」はきっと心の声
だとすれば、「したいよ」はきっと頭の声であり、反対の意味になっているはずです。

あたしも変わりたいのではないでしょうか?

※この「したいよ」には他にも意味が‥ぜひ最後までお読みください

ダサい感情は1…2の…散で流れ星 あの子とのコト祝ってあげるわ

「ダサい感情」=離れたくない、まだ好きな気持ち

が散で流れ星

流れ星のように流れて散って消えてなくなってしまう様子が目に浮かびます。

「あの子とのコト祝ってあげるわ」

まだ好きな気持ちがなくなって、元彼の今の恋愛を祝ってあげられる


‥‥


本当か???

ねえ最期にぎゅっとさせてほしい ありがとう これであなたも

ラストフレーズでは、「ぎゅっとさせてほしい」
これはハグでしょう。

ハグをして、あなたに「ありがとう」


「これであなたも」からは、これであたしだけでなく、あなたも気持ちよく前に進めるよね?
あの子との恋愛に進めるよね?

というようなニュアンスを感じます。



さてさて、それでは、このラストシーンから、ストーリーエンドがどうなりそうなのか?

ハッピーエンドなのか?バッドエンドなのか?
それぞれの視点で考察したいと思います。


結論としては、どちらもありそう



光の考察

いわゆるハッピーエンド的な考察です。 

言ってしまえば、こちらは頭(現実)のほうにあたしが大きく影響された世界線ともいえます。

_____________

あたしは、現実を客観的に捉えていました。

時間が経ち、より落ち着いてきたあたしは、あたし自身も前を向くために、自分の気持ちに整理をつけていくことができました。


あなたに本当に伝えたかったこと。それは、

ありがとう

あなたへの感謝、という形であたしの気持ちに整理をつけて

あたしは前に進み始めたのでした。

_____________

闇の考察

いわゆるバッドエンド的な考察です。

言ってしまえば、こちらは心(気持ち)のほうにあたしが大きく影響された世界線ともいえます。


_____________

この気持ちを消さなければいけない。

あたしはそんなことはわかっていました。

しかしどうしても無くなってくれません。

最期に一度だけ、もう一度だけあなたにぎゅっとしてほしい。

そうすればきっと、、、、

しかし、あなたとそんなことはもう二度とできません。

あたしはずっと辛い気持ちを抱えたまま過ごすのです。

ぎゅっと、気持ちを抱きしめて


_____________


20210923_035255_1

ここで!フォロワー様より素敵な考察をいただいたので紹介させていただきます


こっちのほうがバッドエンドだ!!

Screenshot_20220223-212119674_1


うわー!これは怖い!(゚Д゚)


💧パラサイトの意味

最後に、あらためて『パラサイト』というタイトルに触れて考察したいと思います。

パラサイト、という言葉の意味は

Screenshot_20220222-135304419_1


引用元:

パラサイトは”他者に依存する人”


まさに、主人公である”あたし”は、元彼である”あなた”に依存してしまっているのです。



この歌のすごいところは、そんな、依存してしまっているあたしの心情を


狂おしく切ないあたしの心

どこか冷静で客観的に現実を受け止めているあたしの頭と

その狭間ですり減って病んでいく様子


とても優しく描いているところです。

あからさまに、ヤンデレ!!!
みたいな歌ではありません。


好きな気持ちがあるからこそ、
まだ好き、という辛い恋心があるからこその病み

きっと共感できる人も多いのではないでしょうか?




とても深い『パラサイト』でした!


それではまた次の歌で!let's 深読み!


🐦️Twitterで気軽に絡んでください✨
更新情報や紹介をつぶやいております。
フォローよろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓



ブログランキングに参加しています!
ぜひぽちっと応援いただけると嬉しい限りです💖
何卒お願いいたします🙇‍♀️!!↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ