ポスト鬼滅の刃!アニメ呪術廻戦オープニングテーマ「廻廻奇譚」をご紹介!
ダークで妖しい、でもカッコイイ!

アニメについては正直ごめんなさい、まだ見てません。
奥様がドハマリして一気見したらしいです。
エンディングのダンスのほうにもハマったらしい。
一方、私はこのMVをYouTubeで見て聴いて、カッケー!ってなってるだけです。
呪術廻戦の知識は、呪いと呪いでバトルする話、ということだけ知っている状況です。
このカッケー歌を深読みしましょう!

⭐️歌詞
有象無象 人の成り
虚勢 心象 人外 物の怪みたいだ 虚心坦懐 命宿し
あとはぱっぱらぱな中身なき人間 寄せる期待 不平等な人生
才能もない 大乗 非日常が 怨親平等に没個性
辿る記憶 僕に
居場所などないから 夢の狭間で泣いてないで
どんな顔すればいいか わかってる
だけどまだ応えてくれよ 闇を祓って 闇を祓って
夜の帳が下りたら合図だ
相対して 廻る環状戦
戯言などは 吐き捨ていけと まだ止めないで まだ止めないで
誰よりも聡く在る 街に生まれしこの正体を
今はただ呪い呪われた僕の未来を創造して
走って 転んで 消えない痛み抱いては
世界が待ってる この一瞬を 抒情的 感情が 揺らいでいくバグ
従順に従った欠陥の罰
死守選択しかない愛に無常気
声も出せないまま 傀儡な誓いのなき百鬼夜行
数珠繋ぎなこの果てまでも 極楽往生 現実蹴って 凪いで 命を投げ出さないで 内の脆さに浸って
どんな顔すればいいか わかんないよ
今はただ応えてくれよ 五常を解いて 五常を解いて
不確かな声を紡ぐイデア
相殺して 廻る感情線
その先に今 立ち上がる手を ただ追いかけて ただ追いかけて
誰よりも強く在りたいと願う 君の運命すら
今はただ 仄暗い夜の底に
深く深く落ちこんで 不格好に見えたかい
これが今の僕なんだ
何者にも成れないだけの屍だ 嗤えよ 目の前の全てから 逃げることさえやめた
イメージを繰り返し
想像の先をいけと 闇を祓って 闇を祓って
夜の帳が下りたら合図だ
相対して 廻る環状戦
戯言などは 吐き捨ていけと まだ止めないで まだ止めないで
誰よりも聡く在る 街に生まれしこの正体を
今はただ呪い呪われた僕の未来を創造して
走って 転んで 消えない痛み抱いては
世界が待ってる この一瞬を

⭐️歌詞を一緒に読み解こう(意訳)
歌詞を冒頭から順番に意訳していきます。

※注意
読みやすくするために、存在しない言葉や意訳を足しています。
有象無象 人の成り
虚勢 心象 人外 物の怪みたいだ 虚心坦懐 命宿し
あとはぱっぱらぱな中身なき人間

人の形をしたくだらないものたち、
虚勢をはったりイメージだったり、もはや人外の物の怪みたいだ。
先入観を捨て広く平等にみることのできる者だけが命を宿している。
後はもうぱっぱらぱな中身のない人間だ。


寄せる期待 不平等な人生
才能もない 大乗 非日常が 怨親平等に没個性


期待を寄せても不平等な人生だ。
才能もない。悟りに導かれるような非日常が、
敵も味方も関係なくおきる。
でもそれって没個性じゃない?

辿る記憶 僕に
居場所などないから

夢の狭間で泣いてないで
どんな顔すればいいか わかってる
だけどまだ応えてくれよ

記憶を辿ってみても僕には居場所などないから
夢と現実の狭間で、
泣いている場合じゃない。
どんな顔をすればいいかはわかっている。
だけどまだ応えてほしい。


闇を祓って 闇を祓って
夜の帳が下りたら合図だ
相対して 廻る環状戦
戯言などは 吐き捨ていけと まだ止めないで まだ止めないで
誰よりも聡く在る 街に生まれしこの正体を
今はただ呪い呪われた僕の未来を創造して
走って 転んで 消えない痛み抱いては
世界が待ってる この一瞬を

闇を祓ってくれ。 闇を祓ってくれ。
夜になったらそれが合図だ。
闇と相対して、廻るような永遠の戦いが始まる。
戯れ言などは吐き捨てていけ。
まだ止めないでくれ。まだ止めないでくれ。
誰よりも賢く、この街に生まれた、この正体が知りたいんだ。
今はただ呪い呪われた僕だけど、
僕の未来を創り出そう。
走って、転んで、消えない痛みを抱いたままでいい
世界が待っている僕の未来を創り出すその一瞬を創り出そう。


抒情的 感情が 揺らいでいくバグ
従順に従った欠陥の罰
死守選択しかない愛に無常気
声も出せないまま 傀儡な誓いのなき百鬼夜行
数珠繋ぎなこの果てまでも 極楽往生 現実蹴って 凪いで 命を投げ出さないで 内の脆さに浸って
どんな顔すればいいか わかんないよ
今はただ応えてくれよ

抒情的だなんて、そんなのは感情が揺らいでいくバグだ。
従順に従って得られただけの感情なんて、そんなのは欠陥の罰だ。
死守という選択しかない愛なんて儚いだけだ。
声も出せないまま
傀儡のようになって、誓いもないのにただ百鬼夜行に加わっていく。
死へと続く数珠繋ぎなこの果てまでも。
極楽へ、死んでしまうのかい?
現実を諦めて安らかな心を手にしたとしても
命を投げ出しちゃいけないよ。
心の内の脆さに浸っていては
どんな顔をすればいいかなんてわからないよ。
今はただ応えてくれよ。



五常を解いて 五常を解いて
不確かな声を紡ぐイデア
相殺して 廻る感情線
その先に今 立ち上がる手を

人の真理を解いて 人の守るべき真理を解いて
不確かな声を紡ぐ思考と
ぐるぐると廻る感情とを相殺して
その先に向かって今立ち上がって手を伸ばせ。
ただ追いかけて ただ追いかけて
誰よりも強く在りたいと願う 君の運命すら
今はただ 仄暗い夜の底に
深く深く落ちこんで 不格好に見えたかい
これが今の僕なんだ
何者にも成れないだけの屍だ 嗤えよ 目の前の全てから 逃げることさえやめた

イメージを繰り返し
想像の先をいけと

ただ追いかけて ただ追いかけて
誰よりも強く在りたいと願う君の運命すら
今はただ仄暗い夜の底に
深く深く落ち込んでいて希望もない。
「不格好に見えたかい?」
これが今の僕なんだ
何者にもなれないだけの屍だ 嗤えよ
目の前の全てから逃げることさえやめた。
イメージを繰り返す。
想像の先をいけというイメージを繰り返す。

闇を祓って 闇を祓って
夜の帳が下りたら合図だ
相対して 廻る環状戦
戯言などは 吐き捨ていけと まだ止めないで まだ止めないで
誰よりも聡く在る 街に生まれしこの正体を
今はただ呪い呪われた僕の未来を創造して
走って 転んで 消えない痛み抱いては
世界が待ってる この一瞬を

闇を祓ってくれ。 闇を祓ってくれ。
夜になったらそれが合図だ。
闇と相対して、廻るような永遠の戦いが始まる。
戯れ言などは吐き捨てていけ。
まだ止めないでくれ。まだ止めないでくれ。
誰よりも賢く、この街に生まれた、この正体が知りたいんだ。
今はただ呪い呪われた僕だけど、
僕の未来を創り出そう。
走って、転んで、消えない痛みを抱いたままでいい
世界が待っている僕の未来を創り出すその一瞬を創り出そう。

⭐️歌の意味 :   自分の未来を創り出せ

没個性で周囲に流されてばかり世界で
今はただただ呪い呪われた
何者にも成れていない僕だけど、
戦いを繰り返し、闇を祓って、想像の先へ!
僕の未来を創造するんだ!!

↑これがすごーくざっくりとまとめた歌のメッセージです。

しかし、それだけがこの歌の意味ではありません

⭐️輪廻の考え

廻る、という言葉がキーワードになっていることからも想像できましたが、やはりこの歌の背景には仏教や輪廻という世界観があります。
images (2)

実は冒頭の歌詞から「人外、物の怪みたいだ」という言葉があり、既にそこから輪廻転生(人だけではなく様々な魂が様々な形になる)を指しています。

そんな世界の中で
歌詞中に登場する僕は、
誰よりも聡く在る 街に生まれしこの正体を

誰よりも賢いために、この世界がただただ輪廻転生を繰り返し続けているだけの世界なのだと気づいてしまいます。
しかもその世界とは‥


⭐️戦い続ける地獄

相対して 廻る環状戦

怨親平等に没個性

この歌の世界は廻る戦いの世界
廻る廻る戦いが続く世界です。
images (1)
※等活地獄
=地獄の世界の中で、一番浅い場所に位置するエリア。殺生をすると、ここに落ちます。この地獄に落ちると、死者同士で鉄の爪で相手を引き裂き、骨になるまで戦います。
↑怨親平等が暗示しているのはこの地獄か?

地獄での服役期間(戦いの期間)を終えたものからまた輪廻転生によって生まれ変われると言われています。

この、戦いが続いている地獄にいるんだ、ということに僕は気づいてしまったのです。


⭐️人を人たらしめるものはなんだ
歌の中で五常という人の守るべき五つの恒常不変の真理を解いて、という言葉があります。
五常を解いて 五常を解いて
不確かな声を紡ぐイデア


94ba850a62095e30ee5c1c95e952a26d

五常とは
・仁‥ほどこしの心。優しさ。
・義‥人助けの心。義侠心。
・礼‥礼儀、礼節の心。
・智‥正悪を真に理解できる知恵。
・信‥信頼されるような人になること。

この五常を解き明かすことによって、
不確かな声=歌詞中に度々でてくる応えてくれよ、未来への道筋に繋がるヒントのこと?ではないかと考えます。
そのヒントを紡ぐことになる思考、理念が、この五常を解き明かしたときに手にはいるのです。

つまり、僕は人になろうとしている



⭐️強くなりたい君と想像を超えたい僕

ただ追いかけて ただ追いかけて
誰よりも強く在りたいと願う 君の運命すら
君という存在は、本当にここだけにでてきています。
実はこの君の正体は僕の前世の姿(輪廻)ではないでしょうか。
ただ追いかけて追いかけて強くなろうとしていただけの君(僕)、それは輪廻から出ることはできませんでした。
僕は気づいたのです。
強くなることが輪廻(地獄)から脱する手段ではない。
「想像の先」五常の理念の先へ行くことが必要なんだと、僕は気づいたのです。


💗メッセージ : 強さより在り方が大事

この歌の本当のメッセージ

自分はどうやって生きよう、自分とはなんだろう
そんな答えのない問いに対して

周りに合わせるのではなく、
戦う強さが重要なのではなく、
人として、自分自身として、どう在りたいか
想像し、イメージし、その先へと、それを超えるようにと創りだしていくことが大事なんだ

そう教えてくれていると受け取りました。


⭐️言葉の意味一覧

・有象無象‥世にたくさんある、くだらないもの。
・虚心坦懐‥先入観を持たず、広く平らな心。また、そうした心で物事に臨む態度。
・大乗‥多くの人々を悟りに導き救済するため、自己を捨てて修行し仏の境地に達するとする教え。
・怨親平等‥敵を憎まず、味方をひいきせず、両者を平等に扱うこと。
・祓って…お祓いとは罪や汚れや災厄などの不浄を心身から取り除くための神事・呪いである
・廻る‥輪を描くように経て行く。その時刻を過ぎる。
・環状戦‥(造語)環状線は環状になっている路線、道路のこと。
・夜の帳が下りる‥になる。夜になって暗くなるさまを、垂れ絹が下りたことにたとえたもの。
・無常気‥世の中をはかなく思う心。
・極楽往生‥死んで、極楽浄土に生まれること。また、安らかに死ぬこと。・五常‥儒教で、人の守るべき五つの恒常不変の真理。仁・義・礼・智(ち)・信。
・聡く‥理解が早い。賢い。敏感。
抒情的(叙情的)…非常に感慨深い様子。対象に対して情緒溢れるものを感じること、胸を締め付けるような切なさを超えた深い感動を指すもの。
・イデア‥思考、理念、意見、判断



✍️あとがき
すっごく楽しかった!!
格好いい歌で、歌詞の意味は本当にパッと聞き取れず、わかりづらいとさえ思いました。
しかし読み解けば読み解くほど、実はストーリーとしてしっかりしていることがわかり、メッセージ性や世界観がしっかりしていることがわかり、
もうわくわくして読み解きました。

きっともっと深い意味もあると思います。
アニメと照らしあわせるとまたより味わい深いのでしょうね。


それでは、また次の歌で!



🦉Special Thanks


読者の皆様、いつも読んでくださりありがとうございます!
日頃の感謝を込めて、みんなの歌ってみたをご紹介します

🎤ねじるちゃん



🐦️Twitterで気軽に絡んでください✨
更新情報や紹介をつぶやいております。
フォローよろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓



ブログランキングに参加しています!
ぜひぽちっと応援いただけると嬉しい限りです💖
何卒お願いいたします🙇‍♀️!!↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村